地元鎌倉出身のさかい内科・胃腸科クリニックは、鼻からする経鼻胃カメラや大腸カメラの内視鏡検査が行える内科・消化器科の診療所です。人間ドック、各種健康診断も受付中

更新日 2016-11-09 | 作成日 2016-11-09

第7回鎌倉路地フェスタ 

LinkIcon公式ホームページ



日時   2012年4月21(土)〜4月30日(日)
場所   鶴岡八幡宮~今小路~鎌倉駅~小町大路~金沢街道に
     囲まれた一帯の、個人宅、ギャラリー、店舗、各種施設20数カ所。
主催   鎌倉路地フェスタ実行委員会
後援   鎌倉市、(社)鎌倉市観光協会、鎌倉エフエム放送(株)
鎌倉路地フェスタとは
2006年から始まった「鎌倉路地フェスタ」は、今年で5回目を迎えます。
春の3日間、「アート」「路地」「鎌倉らしさ」「暮らし」…を
テーマにした催しをおこないます。
目的   
     ・街並み保全の活動の活性化
     ・鎌倉市近郊の地元アーティストの活動の活性化
     ・地域における芸術活動の充実とその地域への還元
     ・鎌倉市近郊の様々な地域活動の輪をつなげ、相互に発展する場作り
     ・地域に住む外国系住民へのきめ細やかな地域情報の提供と、
      日本人住民との交流の場作り
内容
  * 地元アーティストによる作品展示やライブパフォーマンス
  * 「暮らし」や「健康」、「アート」をテーマにした各種ワークショップ
  * 「鎌倉を知る」をテーマにした講演会、ウオークラリー
  * 伝統芸能の紹介

第7回鎌倉路地フェスタへ参加


2012年4月1日

22日「ウェルフェアトレードマーケット」


29日、30日「食を見直そう」ポン菓子機実演と鎌倉友禅の展示


こんにちは、5回目の参加となる今年は 22日は当院前にて障害を持った方々が作りだした製品や作品の販売、展示をする「ウェルフェアトレードマーケット」を開催。 彼らが作っているものには特別な魅力や素晴らしさがあります。 素直にカッコイイ、カワイイ、おいしい、欲しいと思えるようなものをたくさんお届けします。 ぜひご覧ください。

また、29、30日は毎年ご好評をいただいている「食を見直そう」を合い言葉に日本の主食であるお米を使って、 昔懐かしいポン菓子機の実演販売を行います。販売といっても定価はありません。今回の売り上げは全て寄付という形で、 ミャンマー人が「自立」して生活できること、つまり、「ミャンマー人が、 生活の中で基本的医療を受けられ、 健康に暮らすことをめざし作られた名知仁子先生が代表をつとめる「ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会」LinkIcon( 詳細はコチラ )へ寄付しますので、 皆さんの気持ちを寄付として協力していただければと思います。

ミャンマーでは、人々は基本的な医療を受けられずにいます。 「乳幼児の死亡(※)、栄養失調、飢餓のために病気を繰り返している」のが現実です。 これらを解決するには、クリニックによる治療に加え栄養の確保が必要です。衛生教育も重要です。

  (※)ミャンマーでは約146万人の新生児のうち、12.5万人以上が5歳未満で死亡しており、 東南アジア諸国で最も支援が必要な国の一つとなっています。(ODA第八次母子保健サービス改善計画概要より) 今、世界では6人に1人が飢えに苦しみ、6秒に1人、子どもが飢えやそれに関係する原因のため亡くなっています。

今回の催しが、恵まれた国に生まれた私たちの食を見直すきっかけに少しでもなればと思っています。 また、待合室ギャラリーの展示は、鎌倉友禅生みの親、坂井教人作友禅の展示を行います。


2012年04月17日

前半の22日(日)は、今年初めての企画として「ウェルフェアトレードマーケット」を開催。
 こちらの参加団体が決まりましたのお知らせします。

湘南エリア及び神奈川県内で生活する障害を抱えた方々が
作ったモノ”だけ”を販売していくお店が1日限定でクリニック前にオープン

時間10:00〜16:00

彼ら(彼女ら)だからこそ創り出せるモノを「福祉」をウリにする事なく、素直にカッコいい、かわいい、欲しいと手に取ってもらうえればと思います(プレイスさんより)。


参加団体(紹介、ホームページより転載)

1.プレイス 
http://place-shonan.blogspot.jp/search/label/ぷれいすとは

ぷれいすは支援者の想いを繋いで、障がいを持った方の家族にとって地域に足りないモノやあったら良いモノ、欲しいモノをデザインする団体です。
私達と一緒に湘南エリアの「笑顔」をデザインしませんか?


2.Atelier Doughnut
http://yaplog.jp/a-doughnut/profile/

私たちは、アートのバッググラウンドのあるメンバーを中心に結成し、「アートでつながる」をテーマに鎌倉を中心に活動を始めています。公園でのアートワークショップなど参加者のみなさんとどんなふうにアートでつながれるか、創造力を使い、皆さんと一緒に作り上げていきたいと思っています。


3.手作りの店・朋 
http://tomo-kamakura.org/abou/

この店に並べてある品物は、体や心に障害を持つ人たちが心をこめて作った作品です.そして私たちはこの障害を持った人たちの社会参加のお手伝いをするためにこの店を運営しています。手作りの暖かさの感じられる品々が、皆様の生活の潤いとなりますように


4.地域活動支援センター あんしん農園
http://sites.google.com/site/anshinnouen/activity

知的障がいをもつ青年たちが、生まれ育った地元横須賀で土づくりから精魂を込め無農薬の野菜と果物を栽培しています。 
 現在、知的障がいをもつ多くの働き手が、それぞれに個性的であるという理由から充分に能力を発揮出来ないまま日々をすごしています。あんしん農園では、「働く」ことを生活の柱に、農作業を通じて一人一人の持てる能力を引き出し、収穫の喜びと生産者としての責任を体感させながら、自立に向けた指導をしていきたいと考えております。 そして何よりも地域のみなさまに喜んでいただける、安全でおいしい野菜と加工品をお届けできるよう精進してまいります。地域への感謝の気持ちを忘れずに、就労支援施設を目指し、私たちは活動していきます。みなさまの温かいご協力をお願い申しあげます。

2012年5月1日


今年も第7回鎌倉路地フェスタ、盛況のうちに終了しました。

「ウェルフェアトレードマーケット」、ミャンマーに菜園と診療所を作るための「チャリティーポン菓子」とも無事終了しました。ポン菓子の2日目には紙芝居師なっちゃんも飛び入りで参加してくれ、ポン菓子食べながら紙芝居を見るという幻の組み合わせが実現しました。募金の方も2日間で38,037円の募金が集まり、獨協医科大学の先輩が代表をつとめる「ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会」に全額寄付させてもらいました。ご協力ありがとうございました。
また、来年第8回の鎌倉路地フェスタでお会いしましょう。

チャリチィーポン菓子

今年は「チャリティーポン菓子」の横断幕も作ってもらいました。

チャリチィーポン菓子

毎年恒例なのですが、初日は日本でも数少ないポン菓子機を販売する会社。「有限会社ポン菓子機販売」のおじさんとおばさんが東京下町から手伝いに来てくれました。代々ポン菓子機を販売し続けるこのおじさんがポン菓子を作りながらするお話がまた面白く毎年、好評です

チャリチィーポン菓子

2日目は、鎌倉に住む紙芝居師なっちゃんが岩手へのチャリティー紙芝居から戻ってきてすぐだったのですが、飛び入り参加。ポン菓子食べながら紙芝居をみる。この日本ひろしと言えども、GW中にこんな体験ができたのは「鎌倉路地フェスタ」だけだと思います。

チャリチィーポン菓子

2日間で38,037円の募金が集まりました。獨協医科大学の先輩がしている「ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会」に全額寄付させてもらいました。ご協力ありがとうございました。

今後のイベント参加・講演会の予定



イベント参加・講演会の記録

・2015年11月29日(日)ミャンマー祭り ミャンマー支援チャリティーポン菓子を開催

・2015年9月27日(日)大船to大船渡 大船渡支援チャリティーポン菓子を開催

・2015年5月31日(日)鎌人いち場 ミャンマー支援チャリティーポン菓子を開催

・2015年4月29日(水祝)第10回鎌倉路地フェスタ ミャンマー支援チャリティーポン菓子を開催

・2015年4月15日(水)企業社内研修にて「大人も知らないタバコの真実2015」講演会を開催

・2015年3月21日(土祝)南三陸町人々の一年「生き抜く」」藤沢上映会

・2015年3月8日(日)第3回心をひとつに〜つなげようみちのくの未来へ〜で第一回鎌倉市中学生防災サミットを開催

・2015年3月7日(土)神奈川JMAT研修会「神奈川JMATで南三陸町へ医療支援に行って」講演会を開催

・2015年2月25日(水)鶴岡八幡宮 神社庁支部主催研修会「防災〜被災地での支援活動」にて講演会を開催

・2015年2月11日(水祝)南三陸町人々の一年「生き抜く」」逗子上映会にて「震災直後に南三陸町に医療支援に医療支援に行って」講演会

・2014年6月1日(日)鎌人いち場にてミャンマー支援チャリティーポン菓子を開催(鎌倉海浜公園由比ガ浜地区)

・2014年5月25日(日)”かまくらあそぶ楽宿”ワイガヤ交流会in光明寺に参加 LinkIcon5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会・鎌倉

・4月27日鎌倉路地フェスにてミャンマー支援チャリティーポン菓子を開催

・2014年3月9日東日本大震災から3年 東北支援と鎌倉の防災を考える日
「こころをひとつに〜つなげようみちのくの未来へII〜」にて南三陸町のお米で東北応援チャリティーポン菓子を開催(鎌倉市役所駐車場)

・2013年11月23日第4回葉山つながる広場にて南三陸町のお米で東北支援チャリティーポン菓子を開催

・2013年10月27日カトリック雪ノ下教会 東北支援バザーにて「つなぐ・つながる」講演会「震災後9日目からの医療支援ーそして、今考えるまちづくりー」で講演 主催:カトリック雪ノ下教会東北支援バザー実行委員会

・2013年9月29日「岩手県復興支援イベント第3回大船to大船渡」にて大船渡のお米で復興支援チャリティポン菓子(実行委員会に21,980円全額寄付)

・2013年7月11日〜9月11日 3.11を忘れないALL鎌倉映画祭 を実行委員長にて開催

・2013年5月26日 第9回鎌人いち場 ミャンマー支援チャリティーポン菓子(NPOミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会に33,200円全額寄付)

・20123年5月18日 講演会 東日本大震災 南三陸町に医療支援に行って(仮)にて講演 主催:NPO鎌倉ホームヘルプ教会ベルの会

・2013年4月28日29日 第8回鎌倉路地フェスタ ミャンマー支援チャリティーポン菓子(NPOミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会に56,710円全額寄付)

・2013年3月14日 地域の高齢者を笑顔で支えるフォーラム〜安心して生活できる地域社会を目指して〜 講演タイトル「被災地での在宅診療を考えるために」にて講演 主催:NPOかまくら地域介護支援機構

・2013年2月9日 World cafe at 高校生 ー神奈川から考える私たちにできることー

・2013年1月3日 東日本大震災支援イベント「stop the 無関心 act 2」

・2012年12月15日、16日 21世紀かながわ円卓会議 「地域力を鍛える〜”分かち合い”で築くかながわの未来〜

・みにぬくの輪 第2回診療所de手づくり市

・第2回葉山つながる広場 宮城県女川 ママサポーターズ支援チャリティーポン菓子

・第8回鎌人いち場 ミャンマー支援チャリティーポン菓子

・さかいクリニック寄席

・第36回 七高祭(神奈川県立七里ガ浜高校文化祭)・・東日本大震災被災地支援企画 女川カレー販売

・第7回鎌人いち場

・第7回鎌倉路地フェスタ

・東日本大震災関連イベント「stop the 無関心」

・第3回みにぬくの輪 診療所de手づくり市

・第35回七高祭(神奈川県立七里ガ浜高校文化祭)・・・・東日本大震災被災地支援企画 女川カレー販売

・第6回 鎌倉路地フェスタ

・第5回 鎌倉路地フェスタ

・第4回 鎌倉路地フェスタ

・第3回 鎌倉路地フェスタ



コラム

・地球温暖化防止チームマイナス6%

・市販の総合感冒薬は眠気に注意

・C型肝炎の検査は受けた方がいいの?

・健康診断を上手に利用するには

・気になる病気1 胃がん(胃癌)について

・気になる病気2 機能性胃腸症について

・気になる病気3 過敏性腸症候群について