地元鎌倉出身のさかい内科・胃腸科クリニックは、鼻からする経鼻胃カメラや大腸カメラの内視鏡検査が行える内科・消化器科の診療所です。人間ドック、各種健康診断も受付中

更新日 2016-11-09 | 作成日 2016-11-09

・5つのゼロに挑戦

当クリニックの目指す医療、それが下にある5つです。
職員全員で5つのゼロに挑戦します。

1.地域で健康についての悩みがある人をゼロに

ひとりで悩んでいませんか

気になることはありませんか。健康については一人ひとりが色々な悩みや不安をかかえています。私自身、体調が悪くなって初めて健康であることのありがたみや病気の不安を感じるのも事実です。

年を重ねるごとに健康の不安がでてくるのも当然のことだと思います。そんな健康についての不安や病気で悩む人がこの地域でゼロになるように、皆様が安心して元気に暮らすためのお手伝いができればと思います。

健康についての悩みは一人で悩まずぜひ、ご相談ください。

2.地域でかかりつけ医がいない人をゼロに

自分のかかりつけ医を誰にするのか

今は健康だからという人も、健康なうちから定期的に健康診断を受けたり、ちょっとした風邪でかかったりできる、かかりつけ医を持つことをおすすめします。どんなに健康に気をつけていても、病気にかかってしまうことはあるかもしれません。そんな時、身近に自分のことをよく知っているかかりつけ医がいることが、どんなに安心か実感されると思います。日頃からかかりつけ医を持っていれば、調子が悪くなったときに、検査結果や体調など色々なことを健康なときと比較して検討してもらうこともできます。

「かかりつけ医は大きな病院の方が良いのでは」そんな声を良く聞きます。しかし私は、特殊な検査機器や専門の医師でないと診られない病気の人以外は、身近にかかりつけ医を持つことをおすすめします。

私の亡くなった父は、私が子供の頃から病気を患い、通院や入院を繰り返していました。父もまた、大きな病院でみてもらった方が安心との考えで、東京の大きな総合病院まで通っていましたが、大きな病院はどうしても長く通院する間に主治医が代わってしまいます。最終的に父は腎臓移植を行いましたが、その手術の合併症で亡くなりました。父が亡くなった後に分かったことですが、主治医が何度も代わる間に大事な病名が抜け落ちてしまっていました。父は移植の適応ではなかったのです。父の場合は少し特殊な病気でしたが、この時大きな病院の弊害を痛感し、こういった人を少しでも減らすために将来はぜひ、地元に戻り地域のかかりつけ医を目指そうと決めました。

「クリニックは何かあったとき入院ができないから」そう言って大きな病院へ通っている方もいる方もいると思います。どのクリニックでも、もし入院が必要になったときには、責任を持って近隣の病院から大学病院まで、適切な医療が受けられる施設をきちんと紹介してくれます。

皆様もぜひ、身近に長く診てもらえ、できればご家族みんなのことを知っている、何でも相談できるかかりつけ医を持つことをおすすめします。私たちもひとりでも多くの方のかかりつけ医として選ばれるように努力します。

3.地域で胃がんや大腸がんで開腹手術になる人をゼロに

早く見つかればお腹を切らずに治せます

「自分は関係ない」健康な方や若い方はそう思われているかもしれません。しかし40〜90歳までは、がんで亡くなる人が一番多いのも事実です。胃がんは治るようになったと言っても、まだまだがんの死因の二位ですし、大腸がんは最近急増し、特に女性ではがんの死因の一位になっています。

しかし、胃がんと大腸がんが他のがんと違うのは、日本では胃カメラや大腸カメラを比較的簡単に受けることができ、早期に見つかればお腹に傷をつけずにカメラを使って取るだけで治るということです。入院期間も開腹手術に比べて格段に短く、当然、体に対する負担も軽くてすみます。ただ、注意しなければならないのは、早期のがんは症状がないことがほとんどだということです。

「検査は苦しいし痛いし、やりたくない」という方もぜひ症状のないときから定期的に胃カメラや大腸カメラを受けることをおすすめします。

今の医療では、がんを完全に予防することはできませんが、早く見つけることでお腹を切らずに治すことはできます。胃がんや大腸がんで開腹手術を受ける人がゼロになる、そんな地域を目指しましょう。

4.待ち時間をゼロに

病気なのになぜ長く待たされなければいけないのか

病院やクリニックは体調が悪くて行くのになぜ、あんなに待たされるのだろう。そう思う人は大勢いると思います。
私はアメリカに住んでいるとき、子供の体調が悪くなるとクリニックへ電話をしてから行くことで、待ち時間もほとんどなく診察をしてもらえるありがたさを実感しました。特に調子の悪いときはクリニックで待つくらいなら自宅で休んでいたい、そう思うのは当然だと思います。当クリニックでは待ち時間をなるべく短くするため、原則予約診療を行っていこうと思います。

定期的に受診の必要な方は受診時に次回の予約をお取りします。また、初めての方や急に体調が悪くなってしまった方は待ち時間をなるべく短くするために、当日に電話で予約を取って受診していただければと思います。

皆様のご協力により、一人でも多くの患者さんを待ち時間ゼロで診察したいと思います。
予約電話番号 0467−23−0015

5.クリニックへの不満をゼロに

こうしてくれれば良いのに


当クリニックへのご不満、ご指摘は職員一同全力で改善していくよう努めます。何か気付いたことがあれば、どんな些細なことでもお聞かせ下さい。

皆様に快適に受診していただくために、職員一人ひとりが皆様と同じ視点に立ち、自分たちが、そして自分たちの家族がかかりたいと思うクリニックづくりに全力で取り組んでいきたいと思います。

今後のイベント参加・講演会の予定



イベント参加・講演会の記録

・2015年11月29日(日)ミャンマー祭り ミャンマー支援チャリティーポン菓子を開催

・2015年9月27日(日)大船to大船渡 大船渡支援チャリティーポン菓子を開催

・2015年5月31日(日)鎌人いち場 ミャンマー支援チャリティーポン菓子を開催

・2015年4月29日(水祝)第10回鎌倉路地フェスタ ミャンマー支援チャリティーポン菓子を開催

・2015年4月15日(水)企業社内研修にて「大人も知らないタバコの真実2015」講演会を開催

・2015年3月21日(土祝)南三陸町人々の一年「生き抜く」」藤沢上映会

・2015年3月8日(日)第3回心をひとつに〜つなげようみちのくの未来へ〜で第一回鎌倉市中学生防災サミットを開催

・2015年3月7日(土)神奈川JMAT研修会「神奈川JMATで南三陸町へ医療支援に行って」講演会を開催

・2015年2月25日(水)鶴岡八幡宮 神社庁支部主催研修会「防災〜被災地での支援活動」にて講演会を開催

・2015年2月11日(水祝)南三陸町人々の一年「生き抜く」」逗子上映会にて「震災直後に南三陸町に医療支援に医療支援に行って」講演会

・2014年6月1日(日)鎌人いち場にてミャンマー支援チャリティーポン菓子を開催(鎌倉海浜公園由比ガ浜地区)

・2014年5月25日(日)”かまくらあそぶ楽宿”ワイガヤ交流会in光明寺に参加 LinkIcon5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会・鎌倉

・4月27日鎌倉路地フェスにてミャンマー支援チャリティーポン菓子を開催

・2014年3月9日東日本大震災から3年 東北支援と鎌倉の防災を考える日
「こころをひとつに〜つなげようみちのくの未来へII〜」にて南三陸町のお米で東北応援チャリティーポン菓子を開催(鎌倉市役所駐車場)

・2013年11月23日第4回葉山つながる広場にて南三陸町のお米で東北支援チャリティーポン菓子を開催

・2013年10月27日カトリック雪ノ下教会 東北支援バザーにて「つなぐ・つながる」講演会「震災後9日目からの医療支援ーそして、今考えるまちづくりー」で講演 主催:カトリック雪ノ下教会東北支援バザー実行委員会

・2013年9月29日「岩手県復興支援イベント第3回大船to大船渡」にて大船渡のお米で復興支援チャリティポン菓子(実行委員会に21,980円全額寄付)

・2013年7月11日〜9月11日 3.11を忘れないALL鎌倉映画祭 を実行委員長にて開催

・2013年5月26日 第9回鎌人いち場 ミャンマー支援チャリティーポン菓子(NPOミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会に33,200円全額寄付)

・20123年5月18日 講演会 東日本大震災 南三陸町に医療支援に行って(仮)にて講演 主催:NPO鎌倉ホームヘルプ教会ベルの会

・2013年4月28日29日 第8回鎌倉路地フェスタ ミャンマー支援チャリティーポン菓子(NPOミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会に56,710円全額寄付)

・2013年3月14日 地域の高齢者を笑顔で支えるフォーラム〜安心して生活できる地域社会を目指して〜 講演タイトル「被災地での在宅診療を考えるために」にて講演 主催:NPOかまくら地域介護支援機構

・2013年2月9日 World cafe at 高校生 ー神奈川から考える私たちにできることー

・2013年1月3日 東日本大震災支援イベント「stop the 無関心 act 2」

・2012年12月15日、16日 21世紀かながわ円卓会議 「地域力を鍛える〜”分かち合い”で築くかながわの未来〜

・みにぬくの輪 第2回診療所de手づくり市

・第2回葉山つながる広場 宮城県女川 ママサポーターズ支援チャリティーポン菓子

・第8回鎌人いち場 ミャンマー支援チャリティーポン菓子

・さかいクリニック寄席

・第36回 七高祭(神奈川県立七里ガ浜高校文化祭)・・東日本大震災被災地支援企画 女川カレー販売

・第7回鎌人いち場

・第7回鎌倉路地フェスタ

・東日本大震災関連イベント「stop the 無関心」

・第3回みにぬくの輪 診療所de手づくり市

・第35回七高祭(神奈川県立七里ガ浜高校文化祭)・・・・東日本大震災被災地支援企画 女川カレー販売

・第6回 鎌倉路地フェスタ

・第5回 鎌倉路地フェスタ

・第4回 鎌倉路地フェスタ

・第3回 鎌倉路地フェスタ



コラム

・地球温暖化防止チームマイナス6%

・市販の総合感冒薬は眠気に注意

・C型肝炎の検査は受けた方がいいの?

・健康診断を上手に利用するには

・気になる病気1 胃がん(胃癌)について

・気になる病気2 機能性胃腸症について

・気になる病気3 過敏性腸症候群について